やまぶき会


◎例会案内

1.開催月日 11月12日(月) 
2.集  合 豊岡市八条地区公民館 午前10時
3.内  容 豊岡市健康推進課から講師(沼田栄養士さん)を
      迎えての健康料理
4.問合せ先 安達 益美



○蕎麦打ちの体験

 平成20年12月22日、「やまぶき会」料理教室の一環として、蕎麦打ちを体験
していただきました。
材料は「そば粉」と「じねんじょ」(山芋の一種で
そばのつなぎに利用)のみを使用し、「粉のねり」、次に「麺板での伸ばし」
約2〜3ミリの厚さに麺の生地を伸ばしたところで、そば包丁で切って「麺をつくり」、
最後に「麺をゆがく」と出来上がり、という蕎麦作りの工程を各自、自分の手で
それぞれの作業を体験していただきました。

 2回目の蕎麦打ちでしたが、はじめて体験された方、すっかりなれた方など、
まちまちでしたが、出来上がった蕎麦は、きし麺みたいな幅の広い麺、そーめん
のような細い麺など、湯で上がった蕎麦に舌ずつ味をし、それぞれの作業工程で
出来上がり麺の状態が違ってくるなど、皆さんに良い体験をしていただいたことと思います。

 一般に出回っている蕎麦は、蕎麦のつなぎとして小麦粉を使用していますが
私どもの蕎麦は、自然薯のみを使用していることで、本来の蕎麦を味わうことが
出来たと思います。

 年末の料理教室の恒例とまではいきませんが、楽しい半日を過ごしていただいたことと思います。

☆そばつゆの作り方:

 こぶ・かつおぶしでだしをとり、濃い口 醤油・みりん・酒・薄口醤油で作ります。

 

 
                                                   



         



こちらをクリック




へもどる